忍者ブログ

ナイス!「す」組のひと

メシくって風呂入ったら・・・グラス片手に「さあ模型作りだ~!」とはいかない日々であります・・・byとっちゃん

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

KV-2

タミヤの古いキットはまだまだ活用できる素材として注目されるといいですね。実際最新キットはパーツが細かく、価格が5000円前後と老眼と小遣い削減の憂き目にあっているお父さんモデラーにはうってつけ。カステンキャタピラの方が高いというのは苦笑ものですが、バトルダメージでキャタピラがぶっ飛んだ設定で半分だけ使い、残りの半分をもう一台にまわすとか(笑)こういった賢い節約というのは・・・ダメージタンクしか作れないか(泣)
PR

KV-2

タミヤの「ギガント」です。古いキットですので様々弱点がありますが、こんな風にダメージ状態にしたりドイツ軍仕様にしたりと「遊べるキット」として活用できます。

T-34

とても組みやすくお値段も安いので忙しくお小遣いの減ったおっさんモデラーにイチオシのキットです。私も気をよくしてもう一個買ってしまいました。

T-34

戦車兵のおっさんを乗っけて完成です。この戦車兵もキットに付属していたものです。左腕だけ別のものに変えました。

T-34

塗装をちょっと進めました。車両よりも丸太の表現が気に入ってます。先日ある方から「車体前縁にある半円板状のフックはアバディーン試験場で牽引するために戦後アメリカ軍が取り付けたもの」とご指摘いただきました。感謝です削り取ります。

T-34

模型雑誌に載ったスペインのロドリゲス氏の作例が非常に参考になります。塗装について雑誌では豊富な画像とともに詳しく解説してくれていますが当然ながら読み取る側の能力に仕上がりは左右されるわけでしてごらんの通り。(笑)

T-34

タミヤのT-34はそんなナイス!なキットですがエンジングリルのメッシュに手を加えたりリアルでない頃のベルト式キャタピラを他のものと交換するなどするともっと良くなる(はず)なのでやってみましょう。

T-34

タミヤの古いT-34です。しっかりしたデッサンと金型技術で足回り以外古さを感じさせません。いまだに現役で店頭に並んでいますよね。パーツ数も少なく価格もお手ごろ。忙しい大人のモデラーにも初心者にもおすすめのキットです。

KV-2

KV-2シリーズは頭でっかち。傾斜地では砲塔が旋回不能だったと聞いたことがあります。

KV-2

KV-2ビッグターレット。この威容さ独特のオーラさえ放っていてとても模型映えしますね。

KV-1

まったくの素組みです。

KV-1

トランペッターのKV-1です。キャタピラの分割組み立て式を導入し自然な弛みを表現しています。この以後からかどうかは分かりませんがこの方式が各社スタンダードになりつつありますよね。一コマづつ連結接着する手間がはぶけ私は単純にウレシイです。

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
とっちゃん
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(04/26)
(04/26)
(04/26)
(04/26)
(04/26)

P R

カウンター